氏 名
近藤 敦(教授)
KONDO Atsushi
担当科目
学 部憲法1、基礎演習1、基礎演習2、専門演習、卒業研究演習 
大学院公法研究指導1、憲法2(人権保障) 
研究分野
比較人権法 外国人の人権、国際人権、国籍、移民政策、多文化共生政策、市民権、議院内閣制
研究の紹介

国際的な研究チームによる編著『Citizenship in a Global World』(Palgrave Macmillan, 2001)』、『New Concepts of Citizenship』(CEIFO, Stockholm Univ. ,2003)、『Migration and Globalization』(Akashi Shoten, 2008)、国内の研究者を中心とした編著『外国人の法的地位と人権擁護』(明石書店、2002)、『移民政策へのアプローチ』(明石書店、2009)、『多文化共生政策へのアプローチ』(明石書店、2011)、『外国人の人権へのアプローチ』(明石書店、2015)などの研究を踏まえ、総務省・愛知県・名古屋市・可児市の多文化共生推進プランづくりに関与した経験から、日本での法制度づくりを視野に入れた『移民統合法制の比較研究ー多文化共生法学の実証研究』という科研費の研究をメインテーマとしている。

Routledge Handbook of Constitutional Lawに寄稿した”Rights of non-citizens” (with Dragoljub Popović) のように、憲法と人権条約の整合性が最近の研究関心であり、憲法1の教科書『人権法』(日本評論社、2016)では、憲法と国際人権法の架橋を試みており、諸外国の人権の発展傾向を踏まえた現代の人権問題を体系的に解明する。

主要業績
著書『「外国人」の参政権:デニズンシップの比較研究』 (単著、明石書店 1996年)
著書『政権交代と議院内閣制』 (単著、法律文化社 1997年)
著書『外国人の人権と市民権』 (単著、明石書店 2001年)
著書『Citizenship in a Global World』 (編著、Palgrave Macmillan, 2001)
著書『人権法』 (単著、日本評論社、2016年)
学生へのメッセージ
学生時代は、人生のうちでも、とても貴重な時期なのだから、いろいろなことに挑戦して、大学生活を謳歌してもらいたいものである。ゼミの論文作成は、後期からはじまる。前期の判例百選の中から選んだ事件をグループで分担して報告するのではなく、各自が好きなテーマを選ぶことからはじまる。調べたり、書いたり、議論したりすることに興味をもってもらいたい。学問に熱中する時間をもてることの楽しみを味わって卒業してもらいたいものである。

News & Information