氏 名
足立 和彦(准教授)
ADACHI Kazuhiko
担当科目
 学 部 フランス語1、フランス語2、フランス語5、フランス語6、応用フランス語、外国文学1、外国文学2 
研究分野
フランス文学
研究の紹介
19世紀フランスの作家、ギ・ド・モーパッサン(1850-1893)の文学を中心に研究しています。モーパッサンは当時隆盛していた日刊紙にたくさんの短編小説を掲載しました。当時の新聞紙上では、実際に起こった出来事についての記事とフィクションの作品とが明確な区別なしに並置されており、現在の新聞とは大きく様相が異なっていました。「現代社会」を描く言説として、ノンフィクションと同等に扱われていた文学の言説が持っていた存在感と重みとはどのようなものであったのか。それを明らかにしながら、現代社会において文学の持ちうる可能性を探っていきたいと考えています。

[個人ホームページ:モーパッサン (1850-1893) を巡って
主要業績
著書『即効! フランス語作文 -自己紹介・メール・レシピ・観光ガイド』 (共著、駿河台出版社、2015年)
翻訳アラン・パジェス著 『フランス自然主義文学』 (白水社、文庫クセジュ、2013年)
論文"Maupassant reporter au Maghreb en 1881(1881年、モーパッサン、マグレブ・リポーター)" (『フランス語フランス文学研究』、第105号、2014年)
論文「メズロワ,リシュパン,ザッハー=マゾッホ ―英訳モーパッサン「偽作」の調査報告―」 (『西洋文学研究』、第34号、大谷大学西洋文学研究会、2014年)
論文"L'Apparition de Maufrigneuse : Maupassant conteur dans les journaux(モーフリニューズの登場:新聞小説家モーパッサン)" (『フランス語フランス文学研究』、第102号、2013年)
学生へのメッセージ
皆さんがまだ知らない凄いもの、素晴らしいものがこの世界にはたくさんあります。好奇心をもって自分から積極的に未知のものを探してゆけば、少しずつ皆さん自身の世界が広がり、豊かになってゆくことでしょう。自分を育てるということが、大学生の皆さんにとってなにより大切なことだと思います。4年間の貴重な時間を有意義に使ってください。皆さんより先に生まれ長く生きてきたものとして、皆さんの成長に少しばかりでも役に立つことができれば、何より嬉しいです。

News & Information