学部長あいさつ

新たな困難な問題に直面しても、「法」を用いた妥当な解決ができる人になるために、さまざまな角度から「法」を学びましょう。

近藤学部長

近藤 敦 学部長

2017年は、日本国憲法が施行されて70周年にあたります。そして2020年には、名城大学法学部が創立70周年を迎えます。戦後の歩みとともに、わたしたちの学部も着実にその歩を進めてきました。

法学部で学んだ知識や論理的思考力は、公務員や弁護士、司法書士、行政書士などの法律の専門家になるための力に直結しています。また、民間企業で働く場合でも、リーガルマインドは重要です。これからの社会に貢献できる人材を育成するため、私たちはさまざまな学びの機会を提供しています。

しかし、いま世界は、大きな変動期を迎えています。政治、経済、社会の情勢は大きく変化しています。グローバル化、IT化、地球温暖化、大量の難民の流入、とりわけ日本で深刻な少子高齢化等々、従来の見方や考え方では、解決の困難な問題が次々と生じています。

そのような中にあって、21世紀を担う学生が、これまでの法制度や理論を学び、新たな問題に対処するための手がかりをさまざまな学問分野や事例に求め、自ら調べ、考え、意見を述べ合うことは、ますます重要になっています。

2016年度より、名城大学法学部は大きくリニューアルしました。興味や進路に合わせた3コース制、1年生からの少人数ゼミの充実、国際化プログラムの強化、教養教育の充実など、みなさんが主体的に学ぶことができる環境を整えています。やりたいことや将来の目標が見つからないという人も、まずは私たちに相談してください。

名城大学法学部は、みなさんの学生生活を全力で応援します。

News & Information