氏 名
植木 淳(教授)
UEKI Atsushi
担当科目
学 部憲法1、憲法2、基礎演習1、応用演習1、応用演習2、専門演習、卒業研究演習 
大学院公法研究指導1、憲法1(統治機構)、憲法3(憲法訴訟) 
研究分野
憲法学(人権論)
研究の紹介
憲法14条「平等原則」及び憲法25条「生存権」を中心として、「個人の尊重」が実現されるための法解釈論の構築を目指しています。特に、障害のある人の権利との関係では、アメリカ合衆国憲法修正14条「平等保護条項」及び障害のあるアメリカ人の法律(ADA)との関係を参考にすることによって、日本国憲法14条から障害差別禁止法理を析出することを試みており、2016年4月から施行される障害者差別解消法を見据えながら、従来の障害差別判例を分析してきました。その一方で、憲法25条との関係では、「生存権」は所得保障だけでなく社会サービス保障も要求しているという立場から、介護請求権に関する判例を分析してきました。
主要業績
著書『障害のある人の権利と法』(日本評論社、2011年)
論文「介護請求訴訟の展開―生存権理論の再検討を含めて(1)(2・完)」北九州市立大学法政論集40巻4号、41巻1号(2013年)
論文「日本国憲法と『自立』」憲法問題24号(2013年)
論文「日本国憲法と合理的配慮」法律時報87巻1号(2015年)
論文「社会保障法と憲法」社会保障法研究6号(2016年)
学生へのメッセージ
公​共​的​な​問​題​に​つ​い​て​、​大​学​​と​い​う​公​共​的​空​間​(​な​い​し​擬​似​公​共​的​空​間​)​に​お​い​て​、​学び、意見を述べ、議論する​こ​と​を​通​じ​て​、​一​人​の​市​民​・​社​会​人​と​し​て​将​来​必​要​と​さ​れ​る​素​養​を​身​に​つ​け​て​い​た​だ​き​た​い​と​思います​。​その意味で​、法律学・政治学の​専​門​的​知​識​を​習​得​す​る​と​い​う​こ​と​も​さ​る​こ​と​な​が​ら​、​学​生​ら​し​い​自​由​で​闊​達​な​議​論​を​し​て​い​た​だ​き​た​い​と​切​に​願​っ​て​い​ます​。​自​分​の​意​見​を​遠​慮​す​る​こ​と​な​く​主​張​し​、​相​手​の​意​見​を​真​摯​に​聞​い​た​う​え​で​議​論​す​る​と​い​う​、​あ​る​意​味​で​は​学​生​だ​け​に​許​さ​れ​る​経​験​を​体​験​し​て​ください​。​

News & Information