氏 名
松田 恵美子(教授)
MATSUDA Emiko
担当科目
学 部日本近代法史、東洋法史論特設科目B (中国法文化1)、特設科目B (中国法文化2)、外国語文献講読(中国語)、基礎演習1、専門演習 
大学院基礎法学研究指導1、外国法Ⅰ(英米法)〔英語〕、基礎法特別(東洋法史論)
研究分野
東洋法制史
研究の紹介
社会における秩序形成には何が必要であるか、そのために何が法に求められるかを考えている。近代法の限界、理性的ではなく関係性の中に生きるというような現実の人、人の生み出す権力性、フェミニズムのもつ根源性、徳と礼と法など、様々な角度から検討を加えているところである。
主要業績
論文「縁坐を通じてみた日本・中国の法比較(一)(二・完)」(『法学論叢』127-2、127-6、1990年)
論文「伝統中国の法と社会への一試論」(『名城法学』47-3、1997年)
論文「現代中国大陸民事裁判理論の課題と伝統中国法の視角」(『名城法学』49-1、1999年)
論文「『青鞜』論争から人と法へ」(阿部照哉先生喜寿記念論文集『現代社会における国家と法』、成文堂、2007年)
論文「魯迅の描く『人』と届かない『声』、そして法」(『社会科学研究』58-2、2007年)
学生へのメッセージ
現在は何が正しいか、どう生きるべきかなど誰も教えてくれません。自信をもってそれを語れる人がほとんどいないからです。そのため自分で考えなければなりません。多くのものを見、多くのものを読み、多くの人の話を聞いて、自分でもたくさん話して下さい。その中できっと人としての生き方が見えてきます。またそうすることで、自分自身の頭で思考できるようになるはずです。そしてまた美しいものをたくさん見て、美しいものの中でゆっくり時を過ごすよう心がけ、豊かな心を育てて下さい。

News & Information