コース制

学生は全員、自分が進みたい将来の方向性や取得したい資格に合わせた学びの指針である3つのコースのいずれかに所属し、体系的かつ効率的に専門知識を修得していきます。

コース制とは

新入生は、まず法学入門・政治学入門という2つの導入科目によって法学・政治学全般の基礎知識を身につけ、それをいわば羅針盤として、1年生後期から豊饒な学問の大海へ漕ぎ出していくことになります。名城大学法学部は、皆さんの航海が刺激に満ち、実り多きものとなるよう、非常に多彩な専門科目を提供しています。

しかし、豊富に用意された専門科目群を目のあたりにした皆さんのなかには、どれを履修すればよいのかとまどう人もいるでしょう。履修科目を自分で自由に選択できることが大学教育の魅力とはいえ、専門的な学問を体系的に身につけ、設定した目的地に迷いなく到達するには、やはり進むべき航路を正しく指示してくれる案内人の存在が欠かせません。その役割を担うのが、今回導入する3コース制です。コースとは、皆さん一人ひとりの関心・興味に応じ、また卒業後の進路に関連の深い科目を効率的に、かつ体系的に選択していけるよう履修モデルを示すものです。

法総合コース

法知識を備えたビジネスパーソンとして民間企業で活躍したい学生や、警察官・消防士などの各種専門職をめざす学生向けのコース。幅広い法分野の基礎を確実に修得するためのコースです。

行政専門コース

国家公務員、地方公務員として社会に貢献することを志す学生向けのコース。行政学や行政法、地方自治法など、公務員に必須の科目を重視します。

法専門コース

法科大学院への進学希望者のほか、司法書士、税理士、行政書士などの法専門職をめざす学生向けのコース。憲法・刑法・民法といった基本科目に重点を置き、その完全な修得を目標とします。

選択必修科目

各コースは、その特色に応じて、選択必修科目の枠が異なります。各コースとも、次の表の9つの科目から、少なくとも5つを履修し、単位を取得することが卒業要件となります。

法総合
コース
憲法Ⅰ憲法Ⅱ刑法Ⅰ
民法Ⅰ民法Ⅱ民法Ⅲ
民法Ⅳ民事訴訟法企業法Ⅰ
 
行政専門
コース
憲法Ⅰ憲法Ⅱ行政法Ⅰ
行政法Ⅱ民法Ⅰ民法Ⅱ
民法Ⅲ民法Ⅳ行政学
 
法専門
コース
憲法Ⅰ憲法Ⅱ刑法Ⅰ
刑法Ⅱ民法Ⅰ民法Ⅱ
民法Ⅲ民法Ⅳ民法Ⅴ

コース選択の時期

コースの選択は、2年生への進級時におこないます。したがって、1年次の基本的な科目の履修において、自分の興味や関心を自覚的に育みながら学習するとともに、将来のキャリアイメージを大まかにでも描けるようになることが大切です。

その後の学生生活のなかで関心や目標が変わることは当然ありますので、所定の時期にコースを変更することも認められます。ただし、安易なコース変更は、計画的・体系的な履修の指針であるコース制の意義を損ね、学びの目的を見失うことになりかねませんので、最初の選択と同様に、変更にも十分な熟慮が求められます。

News & Information