2017-03-27  研究会
法学会出版助成報告会4月27日(木)、松本俊太教授(政策過程論)が今年1月に出版した『アメリカ大統領は分極化した議会で何ができるか 』の法学会出版助成報告会を開催します。
 
二大政党の分極化が進行するなかで期待される役割が変容しているアメリカ大統領。同書は、この変化に適応した大統領のあり方とは何かを、過去60年にわたる大統領の立法活動の精緻な実証分析を通じて考察する労作です。現代大統領制の限界や可能性、流動化する国際政治の展望などに関心のある方は、是非ご参加ください。
 
テーマ アメリカ大統領は分極化した議会で何ができるか
報告者 松本 俊太(法学部教授)
日 時 4月27日(木)10:30~12:00
場 所 名城大学天白キャンパス
10号館2階 第一会議室



事前の申込みなどは不要です。上記の日時に直接会場にお越しください。多数のご来場をお待ちしています。

●松本俊太 『アメリカ大統領は分極化した議会で何ができるか 』(ミネルヴァ書房、2017年)
2017-03-23  総合
学部長挨拶3月17日、愛知県体育館での全学の卒業式の後、法学部は名古屋東急ホテルに会場を移して、学位記授与式を挙行しました。今年度は、学部から480名、大学院からは5名が、新しい旅立ちを迎えられました。
  
(右)法学会賞の贈呈式典では、まず伊川正樹学部長から、ご両親やご親戚など、学生生活を支え、見守ってくださった方々に対して、卒業の報告とともに感謝の気持ちを言葉にして伝えてほしいとの祝辞が贈られました。また、佐藤文彦法学研究科長からは、「逆境に耐えられる人は二百人もあるのに対し、順境によく耐えうる人は一人である」というトーマス・カーライルの箴言をひいて、順風の中でこそ自分を厳しく律し、ひとつひとつ世の中を良くしていく力となってほしいとの激励が贈られました。

卒業生代表の挨拶続いて、科長賞・法学会賞・特別賞の贈呈が行われ、会場はあたたかい拍手に包まれました。最後に、卒業生代表の前村佳香さんのスピーチで式典は締めくくられました。
 
(右)今年で退職される木村先生その後、同じ会場を模様替えして、恩師や学友との最後の語らいを楽しむ卒業祝賀会が開かれました。在学中の様々な思い出に名残りは尽きず、華やかな祝賀の雰囲気のなかにも惜別の念がにじむ、忘れ難いひとときとなりました。
 
卒業祝賀会名城大学法学部で培った学問、そして同窓の友人たちや先生方とのつながりは、何物にも代えがたい一生の宝となるでしょう。本学部の卒業生としての誇りを胸に未来に向かって突き進み、新しい時代を切り開いていく原動力となられることを、教職員一同、心よりお祈りいたします。
2017-02-27  懇談会
4月1日(土)、平成29年度の法学部懇談会総会を下記の通り開催します。詳しくは、3月初頭にお手元にお届けする懇談会報をご覧ください。時節柄お忙しい時期ではございますが、なにとぞ万障お繰り合わせのうえご出席くださいますようお願い申し上げます。

日 時 平成29年4月1日(土)
受付 13:00~ / 開会 14:00
※昼食のご用意をしております
場 所 名城大学 天白キャンパス
共通講義棟北2階 N201講義室
交通アクセスマップキャンパスマップ
議 題 決算、予算、事業計画、役員の選任、その他
お問合せ 名城大学法学部事務室
 (052)838-2050(直通)
 (052)832-1151(代表)

ご出席いただける方は、申込みフォーム、または別途郵送しております「返信はがき」で、3月21日(火)までにお知らせください。

※ 申込みは3月21日をもって締め切らせていただきました。多数のお申込みをいただき、ありがとうございました。
2017-01-19  お知らせ
昨年度の卒業式3月17日(金)、愛知県体育館で2016年度の卒業式が挙行されます。法学部では、卒業式典の終了後、名古屋東急ホテルに会場を移し、学位記授与式および卒業祝賀会を開催します。

日 時 平成29年3月17日(金)
 13時30分~ 学位記授与式
 15時00分~ 卒業祝賀会
会 場 名古屋東急ホテル
(地下鉄栄駅12番出口から東へ徒歩5分)

名屋市中区栄4-6-8 [地図]
TEL:052-251-2411


学位記の交付は学生証と引き換えになりますので、式当日は学生証を忘れないようにしてください。その他の留意事項など詳しくは、法学部卒業予定の皆さんはこちらを、法学研究科修了予定の皆さんはこちらをご覧ください。

 【お問合せ】
  名城大学法学部事務室
  TEL:(052)838-2050(直通)
  TEL:(052)832-1151(代表) 内線5711
2017-01-10  講演会
ジョルジオ・ファビオ・コロンボ氏12月9日(金)と12月16日(金)、名古屋大学大学院法学研究科准教授のジョルジオ・ファビオ・コロンボ氏を講師に招き、後期2回目となる法文化セミナーを開催しました。

(右)セミナーの様子テーマは各々「西洋の法伝統の誕生」、「大陸法の伝統の注目すべき特徴」でした。イタリア出身であり、比較法律学で博士号を取得されているコロンボ准教授の講義では、古代のローマ帝国以来のヨーロッパの歴史、ローマ法の広がり、そしてローマ法の影響を受けた大陸法の国であるフランスの状況など、ゆっくりとわかりやすい英語で説明がなされました。パワーポイントも使用し、ヨーロッパの歴史にあまり詳しくない学生であっても、内容は十分理解できるものであったと思われます。

今回は英語で質問する学生もでてきて、議論もより活発化していました。次回のセミナーではさらに多くの学生が積極的に質問することを期待しています。
2016-12-15  資格支援
エクステンションセンターが12月15日の時点で把握している公務員試験の合格者速報をアップロードしました。公務員を目指す皆さんのたゆまぬ努力が実を結び、今年も難関資格を中心に多数の合格者が出ています。合格実績のコーナーをご覧ください。
2016-12-10  総合
法学部応用実務法学科4年生の前村佳香さんが国家公務員採用総合職試験と財務専門官試験に合格し、福岡財務支局に採用されました。国家公務員総合職とは、国の政策の企画及び立案等に携わる職務で、かつては国家Ⅰ種と呼ばれていた試験区分です。また、財務専門官とは、地域の財政・金融に関わる国家公務員です。これらの試験で最終合格に至ったのは、旧試験制度の時代を含め、記録のある限りでは名城大学法学部では初めてのこととなります。

前村佳香さん今回、法学部懇談会報の企画として、前村さんと伊川正樹法学部長、そしてエクステンション講座で前村さんを指導した大橋睦先生の三者で鼎談を行ないました。

その中で前村さんは、出身地である熊本から名古屋に出てきたいきさつや、エクステンション講座での大橋先生による「自分の限界を超えろ」という指導のおかげで精神力がつき見事試験を突破できたことなどを語りました。大橋先生からは仕事に就いたら周りはもっとすごい人が多いかもしれないが前村さんなら乗り越えられるだろうという話がありました。伊川法学部長からは今後は頑張ってやってきたことを仕事に生かすことが重要になってくるというアドバイスがありました。最後に前村さんは、名城大学は様々なバックアップ体制が充実しており、それを活用して頑張れば自分の夢がかなえられるというメッセージを後輩の皆さんへ残してくれました。

鼎談の詳細は、法学部生とその御父母(懇談会費を収めている方に限ります)にお送りする懇談会報99号(2017年2月発刊予定)に掲載されます。
2016-12-06  講演会
法文化セミナーのお知らせ12月9日と16日の2回にわたり、名古屋大学准教授のジョルジオ・ファビオ・コロンボ先生をお迎えし、国際専門研修プログラムの一環として法文化セミナーを開催します。

日 時 12月9日(金)14:50 ~ 16:20
テーマ The Birth of the Western Legal Tradition
(西洋の法伝統の誕生)
日 時 12月16日(金)14:50 ~ 16:20
テーマ Notable Features of the Civil Law Tradition
(大陸法の伝統の注目すべき特徴)
講 師 ジュルジオ・ファビオ・コロンボ先生
(名古屋大学准教授)
会 場 共通講義棟南 517講義室
対 象 法学部生・法学研究科生


事前の申込みや予約は不要です。直接会場にお越しください。
2016-12-05  講演会
特別講義の模様11月30日(水)の3時限目と4時限目に「政治学入門」(仁井田崇准教授・松本俊太准教授担当)の講義内で、愛知県選挙管理委員会事務局の天野孝教・主査、赤羽茂樹・主任、竹山桂子・主任をお招きし、特別講義「日本における選挙制度と選挙を巡る最近の状況」を行いました。これは、県の選挙管理委員会が行っている、有権者の選挙に対する意識の向上と投票参加を促す啓発事業の一環であり、政治学の基礎を学ぶ「政治学入門」の内容に深く関わる重要なテーマでもあります。

(右)竹山主任講義の内容は、まず、投票率や投票行動に関する現状の説明として、戦後の投票率は低下している傾向があること・若年層の投票率が昔も今も低いこと・有権者に占める高齢者の割合が増加しており、そのために、多数派の高齢者層に配慮した政策が優先的に行われているという説があることなどが紹介されました。つづいて、現在の日本の選挙制度について、憲法や公職選挙法に基づいて説明されました。また、最近の状況として、2つの大きな変化について説明がありました。1つは、今年6月から選挙権年齢が18歳にまで引き下げられたことです。この直後に行われた参議院議員選挙では、新たに選挙権を得た18歳・19歳の投票率は非常に高かったというデータも示されました。もう1つは、有権者の投票参加を容易にするような数々の法改正が行われていることです。このような選挙をめぐる環境向上のための様々な試みは、現在でも続いているとのことです。

赤羽主任受講生は大変興味深く講義に聞き入っているようでした。受講生の大半は選挙権を得たばかりの1年生であり、これから生涯にわたって選挙や政治との関わりを考えてゆく上で、良い機会だったように思います。
2016-12-05  総合
ゼミ紹介企画10月31日(月)、11月1日(火)の両日にわたり、来年度の「専門演習」を志望する現2年生を対象として、ゼミ紹介企画が行われました。2日間で300人程の学生が企画に参加し、各ゼミが設置する相談ブースは大盛況となりました。

(右)ゼミ紹介企画「専門演習」は、約20名の少人数制の演習科目(ゼミナール)であり、親睦会や合宿などを通じてゼミ生同士や先生との交流を深めつつ、専門学問領域の学習・研究を深化・発展させることを目的とする科目です。就職活動や大学院進学のためにもこの科目を履修することが望ましく、多様な専門領域からどのゼミを選択するかによって、3年次からの学生生活を大きく変えるものとなります。

ゼミ紹介企画法学部では、ゼミ選択の情報を集める機会として、ゼミ紹介・ゼミ見学等の企画を行っています。各ゼミが設置する紹介ブースには、現役ゼミ生である3・4年生の先輩たちが、これからゼミを志望する後輩に対し、募集要項だけではわからないゼミの内容や様子を直接伝え、個別の相談に応じました。またゼミの内容を紹介するポスターの前には人だかりができ、友達同士で希望ゼミを検討する声も上がっていました。

相談に訪れた学生は、普段なかなか話す機会がない先生や先輩から、ゼミの様子や楽しく学問に打ち込む姿勢を学んでいるようでした。また、通常のゼミを自由に見学する「ゼミ見学会」も併せて行われ、ゼミを選択する学生にとって有益な機会となったようです。