基本方針

法的思考及び法的素養を習得させることにより、社会のみならず自己に対する客観的な視点を持ち、正義感と倫理観を兼ね備えて自分で考え判断することのできる人材の養成を目的とします。

学位授与方針
Diploma Policy

法学部に4年以上在籍し、法学部が定める卒業に必要な124単位以上を修得し、法に関する基本的な知識と思考力を身につけた学生に対して、学士(法学)の学位を授与します。

法に関する基本的な知識と思考力とは、

  1. 法律の条文と調べ方に関する知識
  2. 個々の条文の背景にある制度および原理原則に対する理解
  3. 法の解釈と適用を行う思考力
  4. 社会と人間に対する原理的考察力

をいいます。

教育課程編成方針
Curriculum Policy

法学部の教育課程は、

  1. 法に関する基本的な知識と思考力を身につけさせるべく、基本科目(いわゆる六法科目)を充実させるとともに、少人数の演習科目をしかるべく配置すること
  2. 社会の多元化および学生の多様で専門化した関心に応えるべく、多数の展開的科目(いわゆる六法科目以外の科目であって、基礎法学、政治学などをも含む)をできる限り柔軟に配置すること

を重点に編成しています。

入学者受け入れ方針
Admission Policy

法学部で学ぶためには、

  1. 国語、英語の基礎的な知識とコミュニケーション力
  2. 社会に関する知識と理解
  3. 世界、国家、社会、そして社会を構成する人間に対する関心と想像力
  4. 法律学以外の、諸々の学問分野にも興味をもてるような、知的好奇心

が望まれます。

News & Information