大志を抱け

前期に開講する「大志を抱け」では、様々な分野で活躍する先輩たちが、進路選択やキャリア形成をめぐる自らの実体験を語ります。

2018年度スケジュール

第1回(4月3日)

オリエンテーション

講義の概要や受講上の注意などを説明します。    資料 

第2回(4月10日)

自分の人生をプロデュースしよう

自分の手で思い通りに人生を選択するにはどうしたらいいのか、活躍する社会人の例を挙げわかりやすく解説します。

講 師

矢島 裕子
1996(平成8)年卒 / キャリアサポーター

矢島裕子

レポートのテーマ

本日の講義受講後、講義の内容をきっかけとすること、あるいは講義内容に関連することであなたが行動を起こしたことがあれば、そこに至った考えとその行動について具体的に書いてください。

何も行動を起こしていない方は、その理由と今後どうするかについて具体的に書いてください。

無理に書く必要はありません。今後も行動する気がないのであれば、そのように書いてください。ただし、その理由については説明してください。

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:5月1日(火)18時30分

第3回(4月17日)

「なぜ、彼は7回も転職したのか?」 先輩Aの事例分析

リアルしくじり先生の実話を通し、就職と転職について考えてみよう。

講 師

内山 立祐
1988(昭和63)年卒 / 株式会社松尾製作所

内山 立祐

レポートのテーマ

講義を聞く前と、聞いた後での、働き方に対する考えがどう変化したか?具体的に述べてください。

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:5月8日(火)18時30分

第4回(4月24日)

社会人基礎力を考える ― 自分の能力と備えておく能力

社会で求められる能力について考えてみましょう。

講 師

石原 知昂
2008(平成20)年卒 / 株式会社ONTEC

レポートのテーマ

「社会人基礎力を考える」

※ 次の2題とも回答してください。

1.今の自分に備わっている力や自信となる要素を理由を添えて書いてください。
※ 思い当たらない場合は褒められたことや自分の長所をあげてください。
2.自分が必要だと思う社会人基礎力を3つ挙げなさい。それを身に付ける為には、どの様にしたら自分のものになるか考えなさい。

※ 字数の目安:2,000字程度(2題合計)  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:5月15日(火)18時30分

第5回(5月1日)

まだ見ぬ自分の可能性を引き出す方法

将来何ができるだろうか?と不安に思っている人。大丈夫です。自分自身の育て方を伝授します。

講 師

青山 紀子
1990(平成2)年短大卒 / フリーアナウンサー・東海ラジオパーソナリティ

レポートのテーマ

「まだ見ぬ自分の可能性を引き出す方法」

 ※ 以下の質問すべてに答えてください(⑤は任意)。

これまでの人生で、自分が好きだったこと、好きなものなど10個あげてください。それぞれに簡単な説明もつけてください。

例:小学生時代、学級会で司会をすることが好きだった。
《理由》みんなの意見を聞き、取りまとめ、問題が解決していくことに面白味を感じた。等

書き出した10個のものから、自分に合いそうな職業の分野を3つ考えてみてください。簡単にその理由も書いてください。
一歩踏み出す「勇気」を持つため、今日からできることを一つ書いて下さい。(今まであまりやらなかったけれど、少しの勇気でできそうなこと)

例:電車で、高齢者に席をゆずってみる。

「笑顔で聞き取りやすく話す」とは、どのような効果を生むと考えますか?
そのために、あなたは、今日からどんなことに気を付けてみようと思いますか? 
今日感じたことがあれば、自由に書いてください。(書いても書かなくてもOK)

※ 字数の目安:2,000字程度(合計)  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:5月22日(火)18時30分

第6回(5月8日)

時間は有限である ~何を決め、何を捨てるか~

皆さんに身に付けてもらいたい「考え方」を理解を深めるために例え話を取り入れながら、お伝えします。

講 師

三輪 貴哉
2006(平成18)年卒 / 社会保険労務士

レポートのテーマ

「まだ見ぬ自分の可能性を引き出す方法」

2018年12月31日までに絶対にやるべき事を11のキーワードに落とし込み、思いのまま書いてみましょう。

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:5月29日(火)18時30分

第7回(5月15日)

「大学3年生で、私、就職活動しない宣言!」 ―知識「0」、経験「0」、貯金「0」、そんな私が起業することになった法学部卒業生の話。―

講義前半  迷い始めた大学3年生、そして決断し、動き始めた起業への道
講義後半  20代での起業と挫折、そして現在

講 師

古家 秀樹
1999(平成11)年卒 / ㈱ 飛鳥コンサルティンググループ代表取締役・行政書士・宅地建物取引士

レポートのテーマ

大学卒業後に起業することになりました。(仮定)

どのような業種(仕事内容)で起業しますか?

起業するのに今すべきことは何ですか?

また、選択した業種(仕事内容)について、重要と思われる法律科目を一つ挙げ、その理由を答えてください。

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:6月5日(火)18時30分

第8回(5月22日)

先輩に聞く①

これまでの講演について、受講生のみなさんから寄せられた質問に対する先輩講師からの回答を紹介します。

第9回(5月29日)

入学してからこれまでの学生生活

現役大学生の先輩がどんな大学生活を過ごしているか、生の声を聴きます。

講 師

法学部生

レポートのテーマ

本日の講義を聞いて、これからの学生生活をどのように過ごそうと考えましたか?

学生生活中にやってみようと思ったことはありますか?

なぜ、そのように思ったかも含めて書いてください。

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:6月19日(火)18時30分

第10回(6月5日)

自分らしく情熱的に生きる

目標にチャレンジした大学時代と現在までの道のり

講 師

宮城 拓
1996(平成8)年卒 / 司法書士

レポートのテーマ

今、目標をもっていますか?

目標を持つことが重要だとされていますが、それはどうしてですか?

自分に適した仕事に就くことを目標とした場合、それはどのようにして実現できますか?

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:6月26日(火)18時30分

第11回(6月12日)

母校となる名城大学のルーツ ー 開学100年を前にその伝統と歴史・立学の精神としての『実学』の意味

愛知県の諸大学はそれぞれ個性(ルーツ)を抱き設立された。名大は官学として、南山はカソリックとして、「個人の尊厳」、愛大はルーツを中国とする。名城のルーツは。

講 師

網中 政機名城大学名誉教授・元学長

レポートのテーマ

自身のルーツを踏まえこれまでの皆さんの歴史、卒業までの目標(オリエント)、卒業後5年、10年、30年後の社会・国家とのかかわりを考えてみよう。

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:7月3日(火)18時30分

第12回(6月19日)

教える立場と教わる立場

立場が違うと見方が変わる。自分とは違う立場について考えてみよう。

講 師

伊川 正樹1996(平成8)年卒 / 名城大学法学部教授

レポートのテーマ

以下の1、2の両方について、答えてください。

1.今の自分の悩みはどんなことですか。そして、それはどのようにすれば解決できると思いますか。
2.これまでの自分とは違う視点や立場に立ってみて、みえてきたことを具体的に教えてください。

※ 字数の目安:2,000字程度(2題合計)  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:7月10日(火)18時30分

第13回(6月26日)

仕事2.0 ―天職を探しだすために―

あなたの中にある「やりたい」を授業を通して探してみましょう。

講 師

太田 雅之2008(平成20)年卒 / ヤマザキマザック株式会社

レポートのテーマ

今までの仕事の中から仕事とは何かを考えてみよう。

講義のテーマは、どんな仕事の中にもやりがいや自分の価値を見出す余地があることを再発見してみようということです。

講義を受けた上で、今までのアルバイトや社会活動の中にその体験を見つけてまとめてみてください。

※ 字数の目安:2,000字程度  用紙ダウンロード 

※ 提出期限:7月17日(火)18時30分

第14回(7月3日)

プレゼンテーション1

これまでの先輩方の講演の中で、特に印象に残った言葉やエピソードについて、自分の経験に照らし合わせてプレゼンテーションを行うための準備をします。

第15回(7月10日)

プレゼンテーション本番・総まとめ・先輩に聞く②

これまでの講演全体についての総まとめをします。また、これまでの講演について、受講生から寄せられた質問に対する先輩講師からの回答を紹介します。

News & Information