2022-06-16  講演会
講演会の様子「特設科目A(実践法教育)」(柳沢雄二教授、二本栁誠教授、萩野貴史准教授 担当)は、刑事裁判(主として裁判員裁判)の仕組みを学び、学生自身がシナリオ作成等に関わって、最終的に高校生をまじえて模擬裁判を実践する授業です。法学部の授業のほとんどは通常の教室で行われますが、この授業では模擬法廷教室を用い、学生が主体的に参加するアクティブラーニングを重視した教育を行っています。この授業の一環として、6月6日(月)の5時限目、関谷慶一郎弁護士(愛知県弁護士会)をお招きして「弁護士から見た刑事裁判の実情」という講演会を開催しました。

講演会では、刑事裁判に関わる裁判官、検察官、弁護士それぞれの目線や意見があるという前提を示されたうえで、弁護士の目線で刑事裁判の実情や問題点を詳しく解説してくださりました。

弁護士といえば、法廷に立ち、検察官と対峙する姿だけを思い描きがちです。しかし、この講演会では、弁護士の日常的な業務の全体像や、弁護士が刑事手続(警察の捜査段階から裁判所の判決が言い渡されるまで)の「どの段階」で「どのように」関わっていくかという点について、関谷弁護士の実体験を踏まえつつお話が展開されていきました。たとえば、被疑者が「先生、助けてください。今警察に囲まれている!」と電話してきた時にどのように対応したかといったエピソードなどは、まさに「リアルな現場」を感じるものでした。

また、関谷弁護士が普段から意識しておられる「弁護士としての心構え・注意点」に関するお話なども、法律の専門家の道を志す学生にとっては大きな参考やモチベーションの向上になったのではないかと思います。

さらに、法曹界を描いたドラマやマンガ、映画にも触れ、関谷弁護士のお薦めの作品も紹介されるなど、硬軟自在な講演の中で参加者から笑いが漏れる場面もありました。

質疑応答では、普段の授業ではなかなか知ることのできない「弁護士の世界の実情」に迫ろうとする学生の姿を見ることができました。参加した学生全員にとって、貴重な体験となったことは疑いがありませんが、今後の模擬裁判や進路選択にとっても大きな参考になったものと思われます。
2022-06-01  講演会
阪井芳貴先生5月27日(金)の2時限目に、「基礎演習Ⅰ」(代田清嗣准教授担当)の中で、名古屋市立大学教授の阪井芳貴先生をお招きし、「沖縄本土復帰50周年記念講演」を行いました。当日は基礎演習を受講する1年生のほか、代田准教授の「特設科目B(法文化3)」を受講する学生が参加しました。

講演は、本土復帰に向けた当時の沖縄の人々の思いや動きを中心に、近世以降、沖縄が軍事力によって生活を変化させられてきたことや、その中での法と政治のあり方や変化について、詳細な解説がなされました。また、沖縄の食文化や葬制などの伝統が、本土法の適用を受けることで影響を受けつつ現在まで存続してきたことが、阪井先生の見聞も交えながら紹介されました。

(右)講演の様子阪井先生は、「沖縄には、27年間の本土とは異なる戦後があることを忘れないでほしい」と、歴史や文化を踏まえて沖縄に向き合うことの重要性を強調しておられました。

講演の中では、本土復帰に関する貴重資料の写真が提示されたほか、新聞記事や雑誌、国立公文書館での企画展の図録などが阪井先生から回覧され、学生たちは熱心にそれらを見ていました。また、質疑応答の時間には、明治期の旧慣温存政策を沖縄の人々がどのように受け止めていたかについて質問がなされるなど、学生の関心の高さがうかがわれる講演となりました。
2021-12-09  講演会
講義を行う水口主査12月8日(水)の3時限目と4時限目に、「政治学入門」(仁井田崇准教授・松本俊太教授担当)の講義内で、愛知県選挙管理委員会事務局の水口雅文主査・長野晴生主事をお招きし、特別講義「日本における選挙制度と選挙を巡る最近の状況」を行いました。現在の形の「政治学入門」の講義が始まった2016年度以降、この特別講義は毎年行われていましたが、昨年度は、新型コロナウイルス感染症のため、中止となりました。今年度は、幸いなことに感染状況が落ち着いていましたので、2年ぶりに実施することができました。

今回も、「投票率と投票行動」「日本における選挙制度」「選挙を巡る最近の状況」「愛知県選挙管理委員会の啓発の取組」の4つについて、日本の選挙全般にまつわる状況から非常に詳細な内容まで、御講義頂きました。また、今回の特別講義の直前の10月には衆議院選挙が行われました。大半の受講生にとっては、これが選挙権を得てからはじめての国政選挙でした。この衆議院選挙についても、投票率などの状況などが、紹介されました。さらには、2019年以降の参議院の選挙制度の変更や、次の衆議院選挙以降の選挙区割りの変更など、最新の状況まで講義されました。

来年は、夏に参議院選挙が行われます。この講義が、それぞれの受講生にとって、有権者として今後どのように世の中と関わってゆくか、改めて考える機会になればと思います。
2019-12-18  講演会
マリアン・ジョーゲンセン氏11月21日(木)と12月12日(木)の2回、マリアン・ジョーゲンセン氏による法文化セミナーが開かれました。
例年の通り、学生たちは2~3人の組になって、ジョーゲンセン氏の次々と繰り出す質問に答えなければならず、組ごとに相談して答えていました。文化とは何かを考え、また世界の国々がどのような文化をもつのかを考える形になっており、興味深い内容でした。

(右)セミナーの様子ただ、今年の学生は例年よりおとなしく、なかなか口を開かなかったり、声が随分小さかったりと、やや物足りなく感じられる点もありました。質問はすべて英語でなされますが、答える時は英語でも、日本語でもよいとなっています。とにかく頭に浮かんだことを答えれば十分なのですが、緊張もあってか、なかなか積極的に意見を述べるのが苦手な学生さんもいるようでした。このセミナーをきっかけに、大勢の前でも自分の考えを堂々と述べる度胸をつけていってほしいと思います。
2019-12-17  講演会
広渡清吾氏12月6日(金)に、法学会講演会として、東京大学名誉教授の広渡清吾氏による講演「民法と市民社会―歴史と現代的意義」を行いました。3限目の法社会学(平井教授担当)の時間帯を使い、法社会学の受講学生に参加希望学生と教員が加わり、講演を聴講しました。

近年の社会の変化のなかで、法の制定、法の改正がしばしば行われています。中国では、まさに民法典が編纂されようとしており、日本でも明治以来続いてきた民法の財産法部分の大改正が行なわれました。午前中には「中国法セミナー」として、中国民法の編纂について講演があり、午後には本講演が行なわれました。

(右)講演の様子午前中の講演では、中国大陸における、今まさに民法典を作ろうとするなかでの、現実生活の問題にもとづいた生き生きとした議論が紹介されましたが、午後の本講演は、民法のもつ意味は何かを考えさせられるものとなりました。人間の自由と平等を守るという役割を担う法である一方、為政者の考え方によって異なる性格のものに変えられる可能性もあることが、思想面、歴史面、そして日本やドイツの経験についての幅広い知識にもとづいて語られました。法学部で法律を学ぶのは試験のためではないということを、学生たちは改めて感じたのではないしょうか。
2019-12-17  講演会
12月6日(金)に、清華大学法学院から申衛星院長と龍俊副教授をお迎えして、「中国法セミナー」を開催しました。

申院長の講演まず、午前中の2限目には、企業法Ⅰ(長谷川准教授)の受講学生、当日参加希望の学生および教員が、龍俊副教授の講演「民法典編纂の中での重大問題」を聴講しました。まもなく成立する中華人民共和国民法において、どのような問題が議論の対象となったのか説明がなされました。物権法や契約法が既に存在するなかで民法典が編纂されるために、編別の形式が議論となることなど、日本との事情の違いを意識させられる一方で、高齢化社会に向かう中国においても日本と類似の問題が生じていることが分かり、大変興味深い内容でした。

(右)龍副教授の講演午後の4限目には、演習形式の授業が行われました。まず、申衛星院長の「中国の法学教育」について説明があり、その後に参加学生たちが質問をし、それに対してさらに説明がなされました。アジア法政プログラムに参加している4人の学生と、中国語Ⅳ(仲曄慶准教授)受講学生たちが次々と質問をしました。卒業生は大部分が法律関係の仕事に就くこと、また3分の1の学生は海外に留学し、3分の1の学生は大学院に進学することなど、日本の法学部の卒業生の状況とは違う点に学生たちは興味深く耳を傾けていました。
2019-11-26  講演会
中国法セミナー開催のお知らせ12月6日(金)、法学部専門研修プログラムの一環として、中国・清華大学法学院から龍俊副教授と申衛星教授をお招きして中国法セミナーを開催します。
 
 
日 時12月6日(金)10:50 ~ 12:20
場 所共通講義棟南 S-103
テーマ「民法典編纂の中での重大問題」
講 師龍俊 副教授
 
日 時12月6日(金)14:50 ~ 16:20
場 所10号館2階第一大会議室
テーマ「中国の法学教育について」
講 師申衛星 教授教授

予約や申込みは不要です。直接会場にお越しください。

   主催:法学部・国際化推進センター
2019-11-21  講演会
法学会講演会12月6日(金)の3限(13:10~14:40)に、広渡清吾 東京大学名誉教授をお招きして法学会講演会を開催します。テーマは「民法と市民社会 ―歴史と現代的意義―」。多数のご参加をお待ちしています。
 
テーマ 「民法と市民社会 ―歴史と現代的意義―」
講 師 広渡 清吾 (東京大学名誉教授)
日 時 12月6日(金)13:10~14:40
場 所 共通講義棟南 S-201


予約や申込みは不要です。直接会場にお越しください。

2019-10-25  講演会
講義の模様10月23日(水)の3時限目と4時限目に、「政治学入門」(仁井田崇准教授・松本俊太教授担当)の講義内で、愛知県選挙管理委員会事務局の児玉寛樹・主事、有田裕紀・主事をお招きし、特別講義「日本における選挙制度と選挙を巡る最近の状況」を行いました。同講義では毎年この特別講義を行っており、今回で4回目になります。

(右)児玉主事今回は、「投票率と投票行動」「日本における選挙制度」「選挙を巡る最近の状況」「愛知県選挙管理委員会の啓発の取組」の4つについて講義頂きました。とくに今年は県知事選挙・統一地方選挙・参議院選挙と、選挙が続く年にあたりましたので、これら最新の動向を踏まえたお話が、多岐にわたって紹介されました。また、この講義は、県の選挙管理委員会の業務の1つである、有権者の投票参加を促す啓発事業の一環でもあります。講義では、この課題に関する県の活動も紹介されました。その中には、選挙期間中に本学キャンパスにて行われる活動や、大学生も参加できる団体である「明るい選挙推進サポーター」の紹介などもありました。

有田主事選挙権が20歳以上から18歳以上に引き下げられてから、3年が経ちました。投票に行ったことがある受講生もそうでない受講生もいますが、どちらの立場からも学ぶところは多かったようです。とくに、若年層の投票率が低いことがどういった意味をもつのか、という話は、多くの受講生にとって驚きであったようです。
2019-10-16  講演会
法文化セミナーを開催します11月21日(木)と12月12日(木)の両日、国際化推進センターと連携して、マリアン・ジョーゲンセン氏(リーダーシップ・トレーニング・コーチ)を招いて法文化セミナーを開催します。国際的視野と法知識の両方を兼ね備えた人材の育成をめざす語学プログラムの一環として開くもので、多くの皆さんの参加を期待しています。

日 時11月21日(木)10:50 ~ 12:20
場 所共通講義棟南 S-509
テーマDriving Deeper into Culture
 (文化の深層を探る!)

 
日 時12月12日(木)10:50 ~ 12:20
場 所共通講義棟南 S-509
テーマWhat Drives American Culture
 (アメリカ文化の源は何か?)


予約や申込みは不要です。直接会場にお越しください。