大志を抱け

前期に開講する「大志を抱け」では、様々な分野で活躍する先輩たちが、進路選択やキャリア形成をめぐる自らの実体験を語ります。

2024年度スケジュール


第1回(4月9日)

オリエンテーション・レポート作成


    講義の概要や受講上の注意などを説明します。また、レポートを書く場合の注意点について学びます。

第2回(4月16日)

名城大学のルーツ・講師に質問してみよう


    自分が通う名城大学のルーツと歴史について学びます。また、先輩の経験談を聞く前に、問題意識を明確にし、講師に質問ができるように準備をします。

第3回(4月23日)

自分の人生をプロデュースしよう

講 師

矢島 裕子
矢島 裕子1996(平成8)年卒 / キャリアサポーター

    自分の手で思い通りに人生を選択するにはどうしたらいいのか。活躍する社会人の例を挙げわかりやすく解説します。

受講した学生から

  • 私は1年生なので就活はもう少し先の話なのですが、すでに漠然とした不安が胸に渦巻いていました。しかし、不安や緊張を楽しさに変える「楽しむ力」が大切だという矢島先生の言葉を聞いて、かなり気持ちが軽くなりました。また、「失敗を経験しておく」ことだったり、「自分のモノサシを持ち、自分の基準・価値観でものごとを測る」ことだったりと、共感できるところや、気づきが多々ありました。特に、今までの私は他人の基準に合わせがちのところがあったので、これからはしっかりと自分の意見を持って大学生活を送りたいと思いました。
  • 矢島先生がおっしゃった「プラス1」を、私も今後取り入れたいと思います。これは、毎日最後にあと1個できることを追加するというもので、矢島先生自身は、あと1回取引先に電話してから今日の仕事を終わりにするという形で実践されていたそうです。毎日の積み重ねによって週単位では7個も、月単位では30個も今まではしてこなかったことができるようになるわけで、とても魅力を感じる思考様式、行動指針だと思います。これから私もさっそくプラス1を生活に取り入れて、自分自身の成長に繋げていくつもりです。
  • 今回の講義で一番心に残ったのは、学生という立場を最大限利用するという言葉でした。この言葉を噛みしめることで、何か行動しようと思ったときに一歩を踏み出しやすくなりました。今学生の立場を利用できなくていつ使うのか、失敗しても叱られるだけですんだり、大目に見てもらえたり、そういうことは学生で終わる。また、大学が設ける様々なプログラムやセミナーは卒業してしまったら受けられない。そう聞いて、改めて学生という貴重な時期に様々な挑戦をしないともったいない、一日一日をもっと大切にアクティブに生きていこうと心に決めました。

第4回(4月30日)

挫折、失敗、苦境

講 師

古家 秀樹
古家 秀樹1999(平成11)年卒 / ㈱飛鳥コンサルティンググループ代表取締役・飛鳥行政書士法務事務所 代表行政書士

  • 学生時代の挫折、失敗、苦境
  • 起業直後の挫折、失敗、苦境
  • そして、現在の挫折、失敗、苦境時の対応方法と人生を変える3つの方法

受講した学生から

  • 今回の講師は、起業家である古家先生でした。私自身は今のところ起業には特に関心がなく、はじめはあまり興味がもてないかもと思っていました。しかし、現在の私に直接役に立つことだったり、これから就職活動を行う際に心掛けておくべきことだったりと、多くの有益な話を聞くことができました。特に印象深かったのは、「『~だろう』で仕事はしない」ということです。私は過去に、確証がない状態で行動して失敗してしまった経験があったので、その時の悔しさや情けなさをまざまざと思い出しました。そうした失敗を今後の人生でしないようにこれから改善していきたいです。
  • 古家先生が経験された起業時代の挫折、失敗、苦境、そしてそれらをどのように乗り越えられたのかという話を通じて、困難に対処する方法と考え方を教わることができました。決断を早く、視野を広く、情報を早く取り入れることの大切さが特に印象に残りました。そのためには、多くの人と出会い、いろいろな考え方を身につけ、社会を知ることが重要だということも大きな気づきでした。私はなかなか決断する勇気がもてずに迷ってしまうことが多く、また、年上の人と関わる機会がまだあまりないため、これから積極的に多くの人と関わって情報をたくさん取り入れることを心掛け、実行していきたいと思います。
  • 私は今回の講義で、視野を広く持つことの大切さを学ぶことができました。古家先生は大学時代に取得した資格を生かした仕事を中心に複数の会社を経営されており、その中には大学時代に作ったつながりからできているものもあるとのことでした。この話で私は、一つの仕事をやり続けることが良いことだという固定観念から抜け出すことができました。また、大学1年生の頃から自己分析をして、自分がどのような人間なのかの認識を深め、自分自身を理解することの大切さを知ることができました。

第5回(5月7日)

時間は有限である ~何を決め、何を捨てるか~

講 師

三輪 貴哉
三輪 貴哉2006(平成18)年卒 / 社会保険労務士

  • 成功者から学ぶ考え方
  • 社会保険労務士とはどんな仕事
  • 私たちに与えられた時間
  • 考え方を知ることで何が変わるのか

受講した学生から

  • 今回、実際に社会労務士として活躍されている三輪先生の講義を聴けたことは非常に有意義でした。特に、資格を取得した後の就職先やキャリアについてのリアルな話は、資格試験の勉強をしている私にとってとても役立ちました。また、「Time is money ではなく、Time is Life である」という言葉には深く共感しました。私の人生は過ごしている一瞬一瞬によって作られており、今この瞬間をどう過ごすかが、これからの私の進路に大きな影響を与えることを強く感じることができました。
  • 良いことも悪いこともすべてありのままに受け入れようという「プラス思考」の話が最も印象に残りました。私は前向きに物事を考えるのがあまり得意ではなく、すぐに消極的な姿勢になってしまいがちなので、これからプラス思考を強く意識しつつ、ポジティブな気持ちで生活を送っていこうと思います。
  • 毎日2時間を未来の自分への投資の時間にすると、大学4年間で他の人より1ヶ月先に進むことができるというお話に、ハッとさせられました。たしかに、1ヶ月もあればさまざまななことにチャレンジし、達成することが可能です。この考え方をさっそく生活に取り入れ、これまであまり進んでいなかった資格取得の勉強に本腰を入れたいと思います。

第6回(5月14日)

海外経験から学んだこと、今に生かしていること

講 師

坂本 篤
坂本 篤1996(平成8)年卒 / 外務省職員

    20歳から通算20年以上、留学や仕事のために世界各地で生活をしてきました。海外生活で学んだことが、今の生活にどのように生かされているか、また、外国から見た日本についても、グローバルな視点から考えてみたいと思います。

受講した学生から

  • 私も、海外へ留学して多様な文化や価値観などを自分の目で確かめ、体験したいという思いと、新しい環境に飛び込んで経験を増やしたいという思いを1年生の頃から常に抱いているので、今回の坂本先生の授業はとても参考になりました。特に、不安や失敗を恐れずに思ったら行動するという坂本先生の行動力はとても刺激的で、自分にはまだそのような行動力が不足しているということを実感しました。また、世界各地での生活を通じてお互いの価値観を尊重することの重要性に気づいたというお話には、強い説得力を感じました。多くの経験を持つ先生の言葉に触れ、私も海外に留学して視野を広げるべきだと確信することができました。
  • 普段の生活ではなかなか接点のない外務省の方から、外務省の仕事内容や実際に外国で働いた体験談を聞くことができ、とても興味深い内容でした。日本にいるだけでは気づけないことや、日本人が無意識に持ってしまっている偏見などについて知ることができ、視野が広がったと感じました。
  • 私も小さい頃から海外への興味が強く、海外に住んでみたい、海外で働いてみたいと思っていました。実際に海外で働かれている坂本先生のカルチャーショックを楽しまれる姿勢には驚かされ、自分も同じようにできるか不安になりましたが、非常に貴重な体験だったと話されていたことで、以前にも増して留学への意欲が湧きました。

第7回(5月21日)

悩みと向き合う、自分と向き合う

講 師

尹 淳実 2015(平成27)年卒 / 税理士法人職員

  • 悩みと向き合うことは、自分と向き合うこと
  • 自分の長所と短所って?

  • 私自身、今まで自分と向き合えず、失敗や辛い思いをしてきました。何かみなさんの気付きになればと思い、経験をもとにお話します。

第8回(5月28日)

夢をあきらめないで

講 師

林 辰浩1999(平成11)年卒 / 朝日新聞社社員

  • 就職超氷河期 私の就活体験
  • 新聞記者の仕事
  • 読み手を引きつける文章とは
  • メディアリテラシー

第9回(6月4日)

目標に向かって全力前進

講 師

宮城 拓1996(平成8)年卒 / 司法書士

  • 司法書士(法律専門職)の仕事の魅力について
  • 目標との向き合い方

第10回(6月11日)

名城生時代のかけがえのない経験と進路の創り方

講 師

山口 春菜2017(平成29)年卒 / 株式会社パソナJOBHUB

  • 社会人になる上で、大学時代にやっておいたほうがよいこと
  • 大学時代に見つけた夢を仕事にするということ
  • 名城大学の活用の仕方

第11回(6月18日)

これまでの大学生活で取り組んだこと

講 師

未 定法学部在学生

    在学生の先輩が、大学生活で取り組んだこと、学んだことをお伝えします。

第12回(6月25日)

連覇の裏側:目標の達成

講 師

赤坂 よもぎ2018(平成30)年卒 / 埼玉医科大学職員・コーチ

  • 名城大学女子駅伝部はなぜ、連覇を成し遂げているのか。
  • 目標設定のプロセスから考える目標達成

第13回(7月2日)

スピーチトレーニング

講 師

青山 紀子1990(平成2)年短大卒 / コミュニケーションコンサルタント・元東海ラジオアナウンサー

    「しゃべりのプロ」から「プロの話し方」を学び、自分らしくイキイキとした発表を実践する。

第14回(7月9日)

発表①

講 師

青山 紀子1990(平成2)年短大卒 / コミュニケーションコンサルタント・元東海ラジオアナウンサー

    何人かに発表をしてもらい、講師から個別のフィードバックを受けます。

第15回(7月16日)

発表②・総まとめ

講 師

青山 紀子1990(平成2)年短大卒 / コミュニケーションコンサルタント・元東海ラジオアナウンサー

    発表、および講義全体についての総まとめをします。また、これまでの講演について、受講生から寄せられた質問に対する先輩講師からの回答を紹介します。

News & Information