このページは、在学生の皆さんに現時点で確定した情報をなるべく早くお伝えし、安心して今年度の新学期を迎える一助となるよう設置したものです。詳細は大学サイトで確認してください。

[最終更新:4月27日]

新型コロナウィルス感染症への対策として4月10日に愛知県に非常事態宣言が出され、例年とは大きく異なる状況で新学期を迎えることになりましたが、名城大学では教職員が一丸となって、学生の皆さんに不利益が生じることのないよう全力で準備を進めています。どうか安心して今年度の大学生活をスタートさせてください。

新型コロナウイルス感染症の状況が落ち着くまでの間は、キャンパスでの授業は実施せず、インターネット環境を活用した遠隔授業を行います。4月20日(月)からの遠隔授業の開始に向け、現在、その準備を鋭意進めています。遠隔授業の案内や利用ガイドなどは、meimo:在学生向け情報の「遠隔授業(WebClass)」のカテゴリにあるPDFファイルを熟読してください。

4月20日以降にWebClassを確認して遠隔授業に参加していただきますが、WebClassでの授業は一定期間での学習を求めるものであり、必ずしも時間割の曜日・時間に学習することを義務づけていませんので、たとえアクセスが遅れても心配しないでください。また、5月2日(土)まではトライアル期間となっているため、教員からの情報発信が遅れる可能性もあり、逆に、皆さんのアクセスが間に合わないことも想定しています。トライアル期間中は、双方の準備が整い次第に授業が開始される助走期間と考えてください。

今年度はキャンパスでの教科書販売は行いません。授業で使用する教科書は、オンラインで注文を受け付け、宅配便で送付するという方法をとります。大学ホームページの 「教科書の購入方法について」 で書店への注文方法が案内されており、これまでのちくさ正文館だけでなく、24日から丸善雄松堂でも注文の受付が始まりました。両書店では取り扱う教科書が違うので、同ページの 「2. 教科書販売リスト」 で欲しい教科書を取り扱っているのがどちらの書店かよく確かめてから、間違いのないように申込みを行ってください。

書店でも大量の発送作業に追われており、注文した教科書が皆さんのもとに到着するまでには、ある程度の時間がかかることが予想されます。教科書の到着が遠隔授業の開始に間に合わなくても、皆さんの不利益になることのないよう各担当教員が十分に配慮しますので、心配する必要はありません。ただし、少しでも早く教科書を揃えて本格的な勉強をスタートできるよう、早めに注文するようお願いします。

体育スポーツと実践(テニス、バスケットボール、バドミントン、サッカー)の授業は、現在 WebClassにおいて行っています。詳細については、 WebClass の「健康スポーツと実践」のコースで確認してください。

このまま遠隔授業が続くようであれば、自宅もしくは自宅周辺にて各自運動を実践していくことになります。その際には、必要に応じて動画をアップロードしていきます。

なお、生涯スポーツと実践(ゴルフ、スキー)の集中授業は、今のところ予定通りに行います。履修を希望する学生は、必ず履修登録を行ってください。

※今年度の生涯スポーツと実践(マリン)は、閉講とします。