4月13日に「新入生オリエンテーション」等の資料を郵送させていただきました。このコーナーは、新入生の皆さんが履修登録の方法などをよく理解し、安心して新学期を迎えられるように開設しています。届いた資料とあわせて閲覧し、十分に理解を深めてください。また、詳細は大学サイトで確認してください。

[最終更新:4月27日]

伊川正樹法学部長の新入生の皆さんへのメッセージです。

新型コロナウイルス感染症の状況が落ち着くまでの間は、キャンパスでの授業は実施せず、インターネット環境を活用した遠隔授業を行います。4月20日(月)からの遠隔授業の開始に向け、現在、その準備を鋭意進めています。遠隔授業の案内や利用ガイドなどは、meimo:新入生向け情報の「遠隔授業(WebClass)」のカテゴリにあるPDFファイルを熟読してください。

4月20日以降にWebClassを確認して遠隔授業に参加していただきますが、WebClassでの授業は一定期間での学習を求めるものであり、必ずしも時間割の曜日・時間に学習することを義務づけていませんので、たとえアクセスが遅れても心配しないでください。また、5月2日(土)まではトライアル期間となっているため、教員からの情報発信が遅れる可能性もあり、逆に、皆さんのアクセスが間に合わないことも想定しています。トライアル期間中は、双方の準備が整い次第に授業が開始される助走期間と考えてください。

今年度はキャンパスでの教科書販売は行いません。授業で使用する教科書は、オンラインで注文を受け付け、宅配便で送付するという方法をとります。大学ホームページの 「教科書の購入方法について」 で書店への注文方法が案内されており、これまでのちくさ正文館だけでなく、24日から丸善雄松堂でも注文の受付けが始まりました。両書店では取り扱う教科書が違うので、同ページの 「2. 教科書販売リスト」 で欲しい教科書を取り扱っているのがどちらの書店かよく確かめてから、間違いのないように申込みを行ってください。

書店でも大量の発送作業に追われており、注文した教科書が皆さんのもとに到着するまでには、ある程度の時間がかかることが予想されます。教科書の到着が遠隔授業の開始に間に合わなくても、皆さんの不利益になることのないよう各担当教員が十分に配慮しますので、心配する必要はありません。ただし、少しでも早く教科書を揃えて本格的な勉強をスタートできるよう、早めに注文するようお願いします。

生涯体育の授業は、現在 WebClass において行っています。詳細については、 WebClass の「生涯体育」のコースで必ず確認してください。

このまま遠隔授業が続くようであれば、自宅もしくは自宅周辺にて各自運動を実践していくことになります。その際には、必要に応じて動画をアップロードしていきます。

法学部では、皆さんの資格取得や公務員試験の受験を応援する制度を用意しています。次の動画では、資格試験・公務員試験にチャレンジする学生を強力にサポートするエクステンション講座や、法学部独自の奨学金制度についてご説明します。

10号館1階の資格支援室では、皆さんの先輩である大学院生が常駐し、様々な法学系資格について情報を提供するほか、勉強の仕方などの相談にもフランクに応じています。ぜひ気軽に行ってみください。

次の動画は、教養特設科目B「名城進路講座―大志を抱け・考動力」の紹介映像です。これを参考にして、この講義を履修することをお勧めします。ともに2単位の科目で、基礎教育科目群の単位にカウントされます。

この講義の講師はすべて名城大学の卒業生、つまりみなさんの先輩です。社会で活躍する先輩たちの姿を見て、充実した学生生活の送り方や自分の将来像のイメージを掴んでください。

大志を抱けは前期火曜5限目です。毎回異なる講師が、大学生活の過ごし方、人との接し方など大学生のみなさんの悩みに対してヒントになるような体験談を紹介します。

考動力は後期火曜5・6限です。将来の進路選択に向けて、就活や働くために必要な事柄、自己分析、コミュニケーション能力の向上など、具体的な内容について実践を交えて紹介する講義です。

履修登録をしていなくても、自分の進路選択や就職活動の準備のために聴講したいという意欲があれば、どなたでも歓迎します。その場合には、興味のある回のみ聴講してもかまいません。1人でも多くの皆さんのキャリアデザインの構築に役立つことを願っています。